21gのとしょかん

ながいながい遺書

いつか王子様が

「そういえば牛乳切れてたな」と思い,食料品売り場に行く。いやに写実的な牛の絵に吐き気を覚え,つい買うのをためらう。隣にあったヨーグルトを代わりにカートに投げ込むが,ヨーグルトなんて別に好きじゃなかったことを思い出して,戻す。いやに明るい売り場の音楽にいらだちを覚え,さらにはそんな自分に嫌悪を覚え,イアホンをつけて大音量で音楽をかける。

 

Syrup16gが鳴る中,夕飯になるものを探す。

カツ丼を手に取り,悩み,戻す。

カルボナーラを手に取り,悩み,戻す。

そもそも食べたいものなんて無い。食欲すらない。ただ親にこの前言われ「そうだね」なんて応えてしまった「せめて1日1食は食べて」がいやに引っかかるだけ。

唐揚げを手に取り,悩み,戻す。

九州風とんこつラーメンを手に取り,悩み,戻す。

 

滑舌の悪い閉店のアナウンスが流れる。焦燥感に駆られ,食べたくもないあんパンと,飲みたくもない缶チューハイをかごに放り込む。家に帰れば後悔することなんて,分かってるのに。

 

金を払い,30分かけて家に帰る。あんパンを手に取るがやっぱり食べたくなんてないという予想通りの結論。冷蔵庫に放り込む。

 

ストロングゼロをのみつつ,明日の過ごし方を考える。最悪の選択の結果,夕方に起きれば良いことに気づき,アラームもつけず眠りにつく。明日はもう少しマシな選択ができると信じながら。どうせ変わらないのを知りながら。そしてそんなふうに考える自分を,「実に自分らしい」なんて褒めながら。

 

たすけて。