21gのとしょかん

ながいながい遺書

嘔吐と黒寝子

疲れ果てて眠るとき、脳は気絶以上に死に近い状態にあるらしい

その意味は正直よくわからないけど、最近眠るときはだいたいそんな感じ

シンデレラもとうに隠れた頃に帰宅して、ふらふらとベッドに倒れ込む

iPadの鳴らす騒音に蘇生されれば朝の9時半

月に一度の休日は赤いカラスの鳴くまで死体のまま

 

最近、日中何処にいるのかわからなくなる

実験していたはずなのに、気づけばトイレでまた吐いている

一昨日から何も食べてないから胃液の混じった唾だけを吐く

鏡に映る自分を見つければ、まだ存在してるんだと安堵のような焦りを覚える。

霞む目でうがいをしながら、何をしていたのかを推理してみて、部屋に戻れば素知らぬ顔で人と笑う。

あくびは勿論噛み殺したままで、苛立ちは笑顔の裏へ隠して

ほら、苛立っていたのかすらもう思い出せない

何してたんだっけ?

猫を飼いたい

また吐こう

 

起きていても寝ていても、意識はいつも此処にいない

此方が夢なの?

彼方が夢なの?

それとも何方も現実なの?

少なくとも、寝ている=死んでいる間は自己の存在を疑うことはない

だから僕はもう死んでいるのさ

とっくに死んでいるのさ

もうとっくに死んでるのにみんな「死なないで」なんて言うのさ

みんな確かに此処に生きていることを疑わないでいるのさ

ならばやっぱり此方が現実なんだろうか

 

なんだっけ。

 

そういえば猫は一日の七割近くを寝ているらしい

猫にとって現実は何方なんだろう

君は生きているの

なんてローソンの前で眠る黒猫に尋ねてみるけど

あの子は今も死体のままで

僕の声など

聞こえて

いな