21gのとしょかん

ながいながい遺書

文芸部だった頃は

文芸部だった頃は、『詩』や『小説』を書くのが好きだった。別に文章が大して上手いとは思ってなかった、むしろ下手なのは分かっていた。それでも書くことは大好きだった。評価なんてどうでもよくて、ただダージャー気取りで好き勝手ノートに書いてた。少なくとも、当時はそう思っていた。

 

今は、分からない。誰も見てくれないと分かってから何かを書くために時間を割く意義が感じられなくなってきた。言いたいことや考えたこと、周りに対しての不平不満はいっぱいある。これらを自分の表現したいように形にする欲求は今もなお消えてない。でも、同時に「高校の頃は評価されることが楽しかっただけじゃないの?本当は考えをまとめたり感情を表現したいわけなんかじゃなくて、ただ『好かれたい』が原動力だったんじゃないの?」と思うときもある。

 

と書くのは、書くことが楽しいから?それとも誰かに褒められたいから?