感想

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の感想

※ネタバレはあるかもしれないし、ないかもしれない、知らん。 むかしむかしあるところに、「映画」というものがありました。

『チェンジング・レーン』って表記がおもしろい

昨日の夜、映画『チェンジング・レーン』(Michell, 2002)をみた。映画自体は前も観たことがあったし、おもしろいといえばおもしろいけど、好みではない。演技も脚本も悪くないし、後味も良いし、サラッと深いので、「なんか観るかー」ってネッフリ漁るような…

大好きな、大好きな、二階堂奥歯へ (『八本脚の蝶』の感想に代えて)

僕はあなたを直接知ることはできなかったけれど、『八本脚の蝶』の一行目を読んだとき僕の中に「二階堂奥歯」は生まれ、最終行にて死んだ。 だから、これは僕の中にいた「二階堂奥歯」と、彼女と共に自殺した僕自身の一部に対する追憶の文章なのだと思う。泣…